フレンドカンパニー

僕らの伊勢志摩 匠ロゴ

整理収納アドバイザ
西村 みき

趣味・特技
日曜大工・草抜き
伊勢市二見町
西村 みきさん
インキュベーション マネジャー
渡邊 憲一

趣味・特技
多岐に渡り掲載不能
伊勢市単身赴任中
渡邊 憲一さん
Total Designer
西村 あゆみ

趣味・特技
料理
多気郡多気町
音色ライン
星空の案内人
西尾 伸二

趣味・特技
天体観測
志摩市阿児町
ギター製作家
河村 和行

趣味・特技
音楽鑑賞・映画・旅行
伊勢市岩渕
河村 和行さん
貝細工師
境  一久

趣味・特技
仕事
志摩市阿児町
境 一久
音色ライン
田舎詩人 感謝人
角谷 行洋

趣味・特技
書く事・作る事
伊勢市植山町
角谷 行洋さん

卓球の達人
山下 正乃

趣味・特技
卓球
伊勢市小俣町

書道家
西尾 孤山

趣味・特技
書道
志摩市阿児町
西尾孤山

音色ライン

伊勢志摩の匠は
『僕らの伊勢志摩 匠 選考委員会』
が選考しています。

 

近藤摂南を師に持つ書道家 西尾 孤山(にしお こざん)

 現在でも精力的に活動を続ける現役 書道家。
三重県志摩市在住で精力的に作品展を開催されている西尾 孤山師匠。
自宅敷地内に工房があり、書の魅力を伝承する教室も開催されている。

 匠と書道との出会いは幼少期で、読み書きそろばんが当たり前の時代に一つの習い事として習字を習い始めた。

 いつの日か「書」に魅力を感じるようになり、20歳の時に真剣に書道に取り組む意思を固め現在に至っている。
師匠には、近藤 摂南の教えを乞い新言派にて「現代新書」を本格的に学び始めた。

 現代では自由な表現が人の関心を得る時代で、ここにも素晴らしい作品が存在するが、本来の「文字」というものに対して熱く語ってくださいました。

習字とは・・・・
    表現とは・・・・
        芸術とは何か・・・・と。

 座右の銘にも掲げられている「分け入っても 分け入っても 青い山」のように、生涯勉強と静かに語っていただきました。

 作品に関して、大きな一枚物の板から、色紙サイズに至るまで、多くの作品を作っておられ、最近の住宅事情に合わせた小さな掛軸なども手掛けられおり、時代に逆らわず本来の文字・言葉の美しさを後世に伝えるための活動をおこなっていらっしゃいます。

 専門図書として発行されている、芸術年鑑という本の中で多くの芸術家が紹介されており、書家としての評価基準が掛軸1本の値段で表記されていますが、500,000円を超える価格となっていました。

伊勢志摩に書道家 西尾 孤山あり!!
      まさに伊勢志摩を...日本を代表する「伊勢志摩の匠」


【座右の銘】分け入っても 分け入っても 青い山
【雅号】西尾 孤山 Kozan Nishio 【誕生日】昭和20年10月15日
【住所】志摩市阿児町 【mail】--------
【趣味】書道 【HP】--------
【資格・経歴】
師匠

役職



近藤 摂南

読売書幹事
県書連参与


受賞履歴
県書連委員長
親書派大賞賞
日展入賞 4回
読売特別賞 2回
読売優秀賞 1回
現在66歳の山下さんバックバンドで ラケット中央に球をとらえる正確な動き 練習にも妥協を許さない「誠実」なコーチ
アトリエ 木の温かみが残る天然木に 伊勢音頭を書かれた作品 すずり
音色ライン


西尾孤山

こんにちは。

すべてのものに通じるとは思いますが、その道を極めようと思うとき、自分自身が納得のいく作品を作ること、自分自身との戦いであると思います。

人が決めた基準ではなく、己の求めるもの、己が表現したいものを形として表せた時だと思います。
しかし、芸術に関しては100%満足すことなど有り得ないに等しく、常に何かを求めて歩む(学ぶ)事だと日々感じています。

私が思う“王道”とは、決してゴールなどないものだと、そして、芸術家として今日まで続けてこられているのは、探求心を持ち続け自らの道を進んで来たからだと。

皆さんも自らの目標を掲げ輝かしい未来を追い求めてください。

 

卓球の達人 Masanobu Yamasiya

 三重県伊勢市在住の‟山下 正乃”さん
この伊勢に、パラリンピックの金メダリストがいらっしゃるとお聞きしたのが約1か月程前の事でした。

 山下さんは、幼少期から小児麻痺を患い身体障害者として育っててこられました。
一応にスポーツなどこなせる運動神経を持っていた山下さんでも、バレーボールやバスケットなどのコート内を縦横無尽に走り回る競技は出来なかったそうです。
 そんな山下さんが、卓球を始めたきっかけは、中学入学時にお父さんから貰った「卓球のラケット」が始まりだったそうです。

 中学から始めた卓球は、高校時代に中部日本大会・東海大会に出場するほどの頭角を現し始め、 三重県インターハイ予選では、ダブルスで3位を獲得し、卓球の面白さを感じていました。

 そんな匠に不幸が.........18歳の時、二輪車での事故で.........右足を切断しなければならないようになりました。
 当時を振り返って匠は、「自殺を考えた時期もあった」と、にこやかに話され「今の自分は周りの方々とのご縁で頑張ることが出来ている」のだと。

 事故から1年間は、辛い青春時代を過ごしていたようですが、卓球への思いを捨てきれず、再度卓球台に向かった。
 最初は卓球が出来るのか不安で仕方なかったようですが、健常者との練習で互角に戦えた事に喜び、新たな目標に向かって走り出されました.........そして

1975年 パラリンピック 三重国体に出場し見事金メダルを。
2008年 パラリンピック 大分「チャレンジ 大分国体」
2012年 パラリンピック 岐阜「ぎふ清流国体」に出場し、全て優勝するという快挙を成し遂げられました。

 現在は、義足を使い伊勢小俣にある「卓球道場」で、健康増進と青少年育成・将来の卓球選手を育てるために、コーチを務めていらっしゃる まさに三重県伊勢志摩を代表する「伊勢志摩の匠」 である。


【座右の銘】 「」この一文字が私の心情
【氏名】山下 正乃 Masanobu Yamasita 【誕生日】昭和23年5月24日
【住所】伊勢市小俣町 【mail】--------
【趣味】卓球 【HP】http://
【資格・経歴】
学生時代                
中部日本大会 出場          
東海大会    出場           
三重県インターハイ予選 ダブルス3位 
パラリンピック
三重国体 優勝
大分国体 優勝
岐阜国体 優勝
現在66歳の山下さんバックバンドで ラケット中央に球をとらえる正確な動き 多くの大会で道場生たちが受賞 スマッシュの瞬間球がオレンジ色の軌跡を残すだけ 練習にも妥協を許さない「誠実」なコーチ
現在66歳の
山下さん
バックバンドで
ラケット中央に
球をとらえる
正確な動き
多くの大会で
道場生たちが
受賞
スマッシュの瞬間
球がオレンジ色の
軌跡を残すだけ
練習にも妥協を
許さない誠実
なコーチ
音色ライン


卓球の達人 Masanobu Yamasiya

こんにちはみなさん。

突然ですが......私は運が良いと思っています。

子供の頃から、健康には恵まれたとは言えませんが、一生懸命に何かに取り組むことにより運が向いてくるのだと実感しています。

若い頃に交通事故で右足を失いながらも、今現在 大好きな卓球に携われている自分がここにいます。

これも全て、人とのご縁だと。

私の周りにいらっしゃる方々に心より感謝しています。

 

田舎詩人・感謝人 Yukihiro Kadoya

 三重県伊勢市在住の‟角谷行洋”さん
私との出会いは、弊社加盟店の方からのご紹介でお会いさせて頂きました。

気さなく方で、楽しく面白いお話を......一時間以上もお聞かせいただいて、終始笑顔での会話に初対面とは思えない不思議な感覚を覚えました。

匠のお人柄は、「私は運が良い」と素敵な才能を持ちながら、周りの方々とのご縁で今の自分がいるとおっしゃっていました。
匠自身、何かを考えて書いているのではなく、込み上げる感情から自然に筆を持ち、心に浮かんでくる「言葉」を書かせて頂いているだけだと・・・・。

書く事を通して・・・私の作品を見ていただけた方々が少しでも「笑顔に」「元気に」なっていただければ、それだけで十分だと。

田舎詩人・感謝人としての活動は、まだ2年程で “伊勢志摩の匠” には・・・・と謙遜される場面もあり、人として器の大きを改めて感じました。

文字に個性や魅力があり、何とも表現できない優しさを感ずる事の出来る「文字」「言葉」そして「絵」

匠自身、大きな病気を患い療養生活を余儀なくされ、ストレスの多い現代社会において、心の充実。そして、「本来のあなたをとりもどそうよ」という、メッセージを発信し続けていきたいと話してくださいました。
笑顔が素敵で、創作活動が私自身の活力源になっていると、多忙な毎日を送りながら多くの方々に「夢」と「希望」と「素直な心」を与えてくれる。

まさに日本を代表する「伊勢志摩の匠」 である。

【座右の銘】 「本来のあなたを とりもどそうよ!!」
【氏名】角谷 行洋 Kadoya Yukihiro 【誕生日】昭和25年9月13日
【住所】伊勢市植山町 【mail】ocean-blue0641kuu@i.softbank.jp
【趣味】書く事・創る事 【HP】http://

【資格・経歴】
2012年5月に初個展 伊勢シティホテルで開催から数多くの個展を開き、ハワイ・バリ島・台湾でも多くの作品が展示されている。台湾には石碑が建っている。

2015年 日独国際平和芸術大賞 大賞受賞

虹と言葉と絵の
メッセージ展 田舎詩人 感謝人
2014年正月個展
〜伊勢シティーホール〜 本来のあなたを
とりもどそうよ 虹と言葉と絵の
メッセージ展 虹と言葉と絵の
メッセージ展
虹と言葉と絵の
メッセージ展
田舎詩人 感謝人
2014年正月個展
〜伊勢シティーホール〜
本来のあなたを
とりもどそうよ
虹と言葉と絵の
メッセージ展
虹と言葉と絵の
メッセージ展
音色ライン


田舎詩人・感謝人 Yukihiro Kadoya

角谷さんは2009年、ストレスによる脳梗塞を患い約1年6カ月間の自宅療養生活を強いられた。

その時に家族や友人の優しさに触れ、2011年に定年退職を迎えると、何か人に喜んでもらえることをしよう──と「言葉」と「書」による創作活動を開始。

 

貝細工師  Sakai Kazuhisa

 三重県志摩市阿児町在住の‟境 師匠”
私との出会いは、2013年の夏、三重大学が主催するセミナーで知り合った。
私の第一印象は「元気なおっちゃん」って感じで、何をしているのか全く想像もできなかった。
 しかし、匠との距離が近づくにつれ、彼の存在を多くの知人から聞かされる機会が増えていきました。
改めて、いつもお茶目で自由奔放な性格は、確固とした自分を持っているからなのだと痛感しました。
何一つ飾る事のない性格と、いつも自然体の匠 。 
 18歳からこの道一筋で、職人としての確かな技術を身に付け、平成20年に 元 野呂三重県知事が認めた「バイオトレジャー発見事業活用プラン部門」で表彰されており。
気さくで面白く、人当たりの良い性格の裏には「自信とプライド」が見え隠れしている。
境氏しかできない技術があり、この技術を継承したいと若い職人志願者を探しているようだ。
 海外からの注目も高く、日本の技術の高さに・・・・その技術の持ち主がこの伊勢志摩にいる事を誇りに思います。

まさに日本を代表する「伊勢志摩の匠」


【座右の銘】 「思考がある限り道は開ける」
【氏名】境 一久 Kazuhisa Sakai 【誕生日】昭和31年5月12日
【住所】志摩市阿児町鵜方3317-3 【mail】info@sk-kaizaiku.com
【趣味】仕事 【HP】http://www.sk-kaizaiku.com/
【資格・経歴】18歳から独学で貝殻による家紋製作に取り掛かっていた。
志摩の資源を使ったネックレス。 芸術的な美術品として作成した伊勢エビ貝細工。 貝殻で作った家紋。私の原点です。 3羽の鶴が優雅に舞う自然を描いた風景貝細工。 真珠貝を埋め込んで丁寧に仕上げた
「夫婦箸」
志摩の資源を使ったネックレス。 芸術的な美術品として作成した伊勢エビ貝細工。 貝殻で作った家紋。私の原点です。 3羽の鶴が優雅に舞う自然を描いた風景貝細工。 真珠貝を埋め込んで丁寧に仕上げた
「夫婦箸」
音色ライン


境 一久

この道一筋で今までやってきました。

 この伊勢志摩の限られた資源をどのように活用することが出来るのか、常にし試行錯誤の日々でした。

 しかし、幼少期よりものづくりが好きだった私が思い続けていたのは、思い考える「思考」があれば道は開かれるという思いでした。

 今では、額縁(家紋)製作をはじめ、アクセサリーや生活必需品の製作を行っており、多くの人に自然の輝きをお伝えできればと励んでいます。

 

ギター製作家 河村 和行

 伊勢市岩渕在住の「ギター製作家の匠」と知り合ったのは 2013年12月。

 ギター製作家と聞き、難しい人ではないのかと先入観を持ってお会いしましたが、とても気さくな方で優しい笑顔の奥に、職人としてのこだわりをお持ちの方でした。
妥協を許さず己の信じた道を歩くことのできる素晴らしい方だと感じました。

 1950年三重県伊勢市に生まれられ、伊勢高校・東京理科大学理工学部を卒業後、大手スーパーの情報管理部にてコンピュータ・プログラミング及びシステム設計の業務と・・・・・全くの異業種からの転向で多くの試練を乗り越え、今の地位を確立されました。

 匠がおっしゃっていた「何か形の残る仕事がしたい。ギターを作れば後世にまで自分の存在が伝えることが出来る」という言葉でした。
何が出来るかではなく、何をしたいか・・・そして、その為にどうすればいいのかを自らの体験でお話ししてくれました。
 正に「伊勢志摩の匠」 職人としての技は確かだが人間としての生き方を、今の時代に、この生き方が出来るのは、まさに「伊勢志摩の匠」
 


【座右の銘】 「ギターは生き物である。
            演奏者に弾く喜びを与えるものでなければならない。」
【氏名】河村 和行 Kazuyuki Kawamura 【誕生日】昭和25年12月19日
【住所】伊勢市岩渕 【mail】k.kawamura@kkguitar.sakura.ne.jp
【趣味】ギター演奏・音楽鑑賞・映画・旅行

【HP】Kawamura Handcraft Guitar
【HP】伊勢志摩地方の植物図鑑
【資格・経歴】
通産省第二種情報処理技術者試験
American cedar German spruce Head Standard
Single holes
German spruce American cedar Head Sound hole Bridge
Double holes
音色ライン

河村 和行さん

 趣味であるギター演奏がこうじ、また自分の使用している楽器への不満などから1978年ギター製作を志し、会社を退職しました。

三年間の修行を終えて、1981年に独立することが出来ました。

 その後、海外の製作・技法に関する文献等を研究し、独自のスタイルを確立させることが出来現在に至っています。

 本物の音色を多くの方々にお届けできれば幸せに思います。

 

星空の案内人 西尾 伸二

 志摩市阿児町で、小学生の頃に星に魅了され独学で星について学ばれました。
若い頃には新星を発見された経験もあり、現在は志摩市を訪れる観光客の方々に
星の魅力とロマンを日々伝えておられます。

 志摩市の素晴らしい星空を誰よりも愛し、誰よりもよく知っている。
そして匠は言う「高い機材を使って天体観察出来るのは当たり前…誰もが手の届く範囲の望遠鏡でも工夫すれば星も見れるし、写真にも撮れる。

 この伊勢志摩で、こんな小さな・・・少し頑張れば誰でも手に入れる事の出来る望遠鏡で、星を見れる喜びを・・・星の世界を!! 宇宙を!! 身近なものに感じて欲しい」と。
匠から預かった写真は全て伊勢志摩で、匠自身が撮影したもの。
「伊勢志摩の匠」 人は彼を「星空の案内人」と呼ぶ。
そんな匠も、私の友達。


【座右の銘】 「生きてる限りチャレンジだ!!
            無理は無理じゃない、やらないから出来ないだけ」
【氏名】西尾 伸二 Nishio Shinzi 【誕生日】昭和36年 5月30日
【住所】志摩市阿児町 【mail】ngcngc2008@yahoo.co.jp
【趣味】天文観察 【HP】http://www.hoshizoraterasu.com/
【資格・経歴】
危険物取扱主任者乙四種 小型船舶2級
三日月 アンドロメダ大星雲 土星 木星 太陽
三日月 アンドロメダ
大星雲
土星 木星 太陽
音色ライン

西尾 伸二さん

星と出会い人生が変わった。
今はその時の感動を多くの方々に分かってもらいたくて、毎日 美食の隠れ家プロヴァンスで天体観察の案内をしています。

お客様の素敵な笑顔に私自身が一番の嬉しさを感じています。


メールを頂けるのは、嬉しいのですが返信できない場合もありますので、ご了承ください。

 

Total Designer AYUMI

 数多くのデザインを手掛けてきた Total Designer 美的センスとユーモラスを兼ねそろえたトップデザイナー。
 クライアントの要望を・・・期待を遥かに超える完成度に私は驚きを隠せない。

彼女とのエピソードで、私がデザインした広告に点数を付けてもらったことがあったんだが、あっさり「 0点」・・・・・・と。
 嫌味でも何でもない。問題点をしっかりと指摘され改善のアドバイスやポイントを教えてくれるという、男よりも男前な素敵なデザイナーです。
まさに「伊勢志摩の匠」

【座右の銘】 「わが身から出るものは いずれ我が身に戻り来る」
【氏名】西村 歩 Nishimura Ayumi 【誕生日】1978年10月15日
【住所】多気郡多気町 【mail】なし
【趣味】料理 【HP】現在製作中
【資格・経歴】
Webクリエイター上級 初級シスアド 調理師免許
伊勢志摩活性プロジェクト 音色キャラクター 僕らの伊勢志摩 音色ヘッター 伊勢ヤギファームヘッター     
音色のキャラクター 音色ヘッター (株)伊勢ヤギふぁーむヘッター              
音色ライン


西村 歩さん

 広告は、人と人をつなぐもの。
広告対象物の魅力をいかに引き出せるか、 相手にどれだけ伝えられるか。

愛・情熱・願い・感謝 沢山の思いがあると思います。
私の仕事は心を読み取り形にすること。

心がなければそれはただの図広告でしかありません。

オンリーワンを提供できるよう 心を込めて制作に取り組んでいます。

 

インキュベーション マネジャー KEINICHI

 伊勢市朝熊町にある「伊勢市産業支援センターの渡邊憲一氏」インキュベーションマネジャーとして日々奮闘されている。

出会いは約1年前、私が起業相談に行ったのがきっかけです。
 私の経験に関心を持たれ、親身に話を聞いてくれましたが、ビジネスプランを話すと、「また失敗する」と真顔で言われました。
「なにッ、くそ」と思いましたが、その一言で気持ちがシャキッと引き締まり背筋がピンと伸び、匠をグイッと睨みつけました。

 すると匠は、「何事も覚悟と準備、今から準備室に入って、死ぬ気で頑張ろう」と笑顔で励ましてくれました。私の覚悟は、この時本当に固まり、石にかじりついても、絶対に成功してやるぞと、魂が震える毎日が始まったのです。

 匠は、「自由奔放な発想力」で、歯に衣を着せない発言でアウトローに見えますが、一緒にいる時間が長くなるにつれ、スポーツマンらしく規則に厳しくルールを厳守する堅物だということが分かります。
 しかし、「限りなく明るい性格」と「厳しいから楽しいのだ、と、人生を楽しむ心がいつも素直に表現されていて、インキュベーション(ヒヨコを卵から孵らせる)マネジャーに必要な要素の持ち主の方だと思います。
まさに、人づくりの「伊勢志摩の匠」


【座右の銘】 「老人は国の礎、子は国の宝。ありがとう日本」
【氏名】渡邊 憲一 Kenichi Watanabe 【誕生日】昭和25年5月
【住所】伊勢市に単身赴任中 【mail】watanabe@ise-cci.or.jp
【趣味】テニス、読書、映画 【HP】http://sangyo.city.mie.jp
【資格・経歴】
旅芸人一座 メランコリー・モハメッド・ケン 肥後の黒豹 ゴルファー 俳優志望
街おこしのため、旅芸人一座と共演 リング名=メランコリー・モハメッド・ケン 自称 肥後の黒豹 好奇心旺盛だが持続力脆弱 本当になりたかったのは映画俳優
音色ライン


渡邊 憲一さん

1950年5月、 愛媛県今治市に誕生。

主婦こそベンチャーの鏡。
このページを見られた主婦、女性、すぐに電話してください。

日本の経済界は、あなたがた女性の力を求めています。

もちろん、男性も大歓迎です。


 

整理・収納コンシェルジュ MIKI

伊勢市二見町から、整理収納を通して・・・・・・時間の有効活用、
主婦の目線で家事・育児の合理化を提案。
目からうろこのアドバイザー・・・・・企業の問題も整理・収納の観点から
見つめることで新しいシステムを提案している。 まさに「伊勢志摩の匠」


【座右の銘】 「楽しいから笑うのではなく・・・笑っているから楽しい」
【氏名】西村 みき Nishimura Miki 【誕生日】19##年10月12日
【住所】伊勢市二見町 【mail】mamirikina5228@gmail.com
【趣味】日曜大工・草抜き 【HP】http://www.taitaitai.jimdo.com/
【資格・経歴】
ハウスキーピング協会「整理収納アドバイザー1級」
タイ国WAT PO「TraditionalMassage」

トゥクトゥク 整理前 仕訳作業 収納完了 トゥクトゥク
トゥクトゥク 整理前 仕訳作業 収納完了 トゥクトゥク
音色ライン


西村 みきさん

 伊勢近辺をタイのタクシー「トゥクトゥク」で走っています。
乗車ご希望の方は見かけたら手をあげて下さいね。

「片づけ」は片づける事よりも片づけた後に起きるいい事が楽しみなんですよ。

私は、皆様の笑顔を楽しみにお手伝いさせて頂きます。